« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

風邪引きました・・・。

給湯器ショックで懐が極寒になったからではないですが、
風邪引きました。

幸いインフルエンザではなかったものの、
疲れと喉の炎症から来る風邪でしょうとのこと。
久しぶりに味わう熱による身体の節々の痛み、喉の痛み、咳が止まらない苦しさ いつも健康に感謝することを忘れがちな自分へのありがたいお説教のようです。

かんちゃんとチップが毎晩 一緒に寝てくれます。
いつもはかんちゃんだけなんですけど、
調子の悪いときはチップも来てくれます。

でも、ね チップ。頼むから上に乗っかるのはやめてくれannoy
キミ 重いねんsad

|

ありがとう給湯器。いつもありがとうガス屋さん。

今日、給湯器の修理にきてもらいました。
でも、もう耐久年数が過ぎているので応急修理しかできないそうです。
14年目ですからね。よくがんばってくれました。

でね、その修理に来てくれたのが、ウチの地域担当のガス会社の人なんですけど、その会社の人達はみんなとっても感じがいい。
とっても礼儀正しいし、親切だし、一生懸命なのがいい。
「そんなの仕事なんだし当たり前だろ。」と思うかもしれないですけど・・・。

今日 修理に来てくれた人は、なんとなく「さかなクン」に似てた。
ちょっとピョッコンピョッコンしながら 「さかなクン」がゆっくりしゃべってる感じで、声がちょっと高くて、でも一生懸命 丁寧な説明で、でも一番似てるのは顔だったけど。

いままでがんばってくれてありがとう、給湯器。
いつもありがとう、ガス屋さん。

そして、どうしよう新しい給湯器の代金・・・・。
ふふっ・・・・・(遠い目)。

|

給湯器が~

壊れた・・・・crying
すぐに修理をお願いする電話をしたら
明日しか来れないという・・・・。
それは仕方ないねんけど、なんでそんなときに限って
夜寒いのん?
せっかく仕舞った湯たんぽ また出してきました。
湯たんぽ 大好きなんです。チップがsweat02

今晩は私のベッドはかんちゃんとチップでギュウギュウやわheart04
あ、heart04つけてしもたbleah
さ、寝よ。


「さとる文庫」配信しました。
今回は いつか来る「別れ」。
私も考えてしまいました。
よろしかったら聞いてください。

|

歩く、歩く、歩く

昨日は暖かいと言うより暑いくらいのいいお天気でした。
それなのに鬱々した気分で家に閉じこもってちゃいかんsign01

こんなときは恒例の「どこまで行くねん散歩」。
とにかく歩く、歩く、歩く。

昨日は整備された河川沿いを山側から海まで歩くことに決定。
河川までは広い国道沿いを歩いてみました。
土曜日でお天気もいいから子供とお父さんお母さんが一緒という姿が多かったですよ。

そしたら3~4歳の子供たちが遊んでました。
その子たちの会話。
「なぁ~あそこのたい焼き屋儲かってんで~。いっつもお客さん並んどうもん。」
「ほんまやなぁ。」
「お母さんにたい焼き買うていうてくるわ。」
「私も行く~。」
といって走って行った。
なんとも・・・・な子供の会話。
もぐら 心の声(あんなとこに たい焼き屋さんできてるわ。知らんかったな~。)

そして河川沿いを歩き始めると、今度は小学生くらいの男の子たちが釣りをしているのに遭遇。

(こんなとこで何が釣れるんやろ?)
しばらく 一緒になって見ていたら男の子が変なオバチャンと思ったらしく、こっちをチラ見する。
仕方ないので 「何が釣れんの?」と聞くと 「うなぎ」と言う。
「えっ、うなぎ釣れんの?こんなとこで?」と驚いたら、間髪入れず
「食べられるくらい大きいのは釣れへんで。」と冷たく言われた。
う~ん。子供にそんなこと言われるような顔したのか?私・・・。
「がんばって大きいの釣りや~。」と言って、また歩き出す。

そしてとうとう海に出た。
さすがに疲れたのでちょっとベンチに座ったら、またまた幼稚園くらいの子供が目の前で砂遊びをしている。
すると突然えらい会話が始まった。

「なぁ、ユウキ にわとりと卵どっちが先か知ってるか?」
(おいおい、すごいこと言うなぁ。突然どっからでてきてん、その質問)
「知ってるで~」
「えっ、ユウキ知ってるん?」
(ええっsign01知っとんかいsign01
「そんなん卵に決まってるやん。」
「ふーん。」
「ほんでな卵はな、ダチョウが産むねん。」
「へ~そうかぁ・・・。」
(おいsign01なんじゃそら。なんでやね~んってつっこまんかいな。なにビミョーに納得しかけてんねん。)

惜しかった。最後は「なんでやね~ん」とつっこんで終わって欲しかったなぁ。

鬱々とした気持ちは晴れました。
ですが、確実にオバチャン化している自分にびっくりいたしました。

















|

悩み中っていうか愚痴・・・です

すみません。スルーしてください。

昨日の夕方電話がありました。
申請を出していた出版社の方からでした。
その内容は・・・・。

T氏「(いきなり)あなたが本の紹介をしてくださるんですか。
それでどれだけウチの本の売り上げが上がるか証明できます?」

も 「は?」

T氏「だから、ウチの本の売り上げがいくらあがるんですか?って聞いてるんです。」

も 「・・・・・・・・・・・・。」

T氏「ね。そういうことですから、もう二度とウチと関わらないでくださいね。わかりました?」

もう、ね。受話器持ったまま口パクパクですよ。
どうしよう。
だんだん出版社の人たちに対する感謝と尊敬の気持ちが無くなってきた。
どうしよう・・・。

|

スーのこと、そしてかんちゃんが来た話

ウチにはスーと言うゴールデンレトリーバーがいました。
ほんとにかわいくて、優しくて、賢くて、ちょっと変な
犬じゃないみたいな犬でした。
私が一番つらい時期に いつも傍にいてくれた子でした。
2008年に逝ってしまったけど、でも 今も私の中に生きています。

スーは人が大好きで、犬は・・・あまり・・・。
で、人の次に猫が大好きでした。変でしょ?

不思議と猫にもそれがわかるのか、中には寄って来て
スーに頭をスリスリして甘える猫さんもcat
そしてスーもそういう猫さんの顔やオシリを舐めてやったりしてました。

そんなある日、近所の猫おばさん(地域猫のお世話をしている方)が仔猫を保護して里親を探してるということでした。

「ねえ かわいいよ。一度見に来る?」と誘われて見に行っちゃたんです。
それも 「スーちゃんも連れて来てね。」 とか言われて、スーも一緒に。
罠にかかってしまいました。

もう スーが舐め回して放しません。
しかも仔猫もうっとりと舐められて されるがまま。

でも、私自身心の中ではもう決めていたのかもしれません。
だって相方さんが「え~猫飼うの?苦手なんやろ?」と言うのに
「スーがなんとかしてくれるやろ~。」って言ってましたから。
犬任せかい・・・coldsweats01

そしてめでたく かんちゃんはウチの子になりました。



ribbon 猫おばさんについて
この方は3人くらいのグループを作って、朝と夜 毎日毎日 
雨でも雪でも
公園で猫にごはんをやり、後片付けをし、掃除をし、
砂場にネットをはったり、病気で弱っている猫さんを保護し、
仔猫の里親探しをしたりしています。

かわいいから、かわいそうだからとごはんをやるだけなら 
優しい人ならできると思います。

猫が嫌い、猫に迷惑している方がいらっしゃるのもわかります。
でも猫をよく思ってない方たちにも理解をしてもらおうと一生懸命
活動していらっしゃる方たちです。

 

|

かんちゃんです。そして・・・

Kan_b1
「かんちゃんです。ゲートができてお外に出られなくなっちゃた。つまんない。」

そして
Tippu_b3
               「グーグーsleepy

こやつはウチのボン、チップと申します。
どうして猫が苦手なのに2匹もウチに猫がいるのかは また今度ゆっくりとcatface

|

言っちゃいけないけど

勢いでボイスブログを始めたけど、思ったようにはうまくいかないものですね。

どうして許可を求めてるだけで まだなんにもしてないのに
開口一番 「訴えてやるからな!」 なんだ?

はぁ~ 凹むわ~shock

自分のために、自分が楽しむことだけを目的に、自分が始めたことなんだから
本当は言っちゃいけないんだけど・・・。
心の声だから。口から出さないから。

「あーーーっ めんどくせーーーsign01まだなんもやってないんだよ、おっさんsign01
出版社の人間のくせにちゃんと話聞いて 理解しろよーsign01

ふぅsmile
もちろん ちゃんとお話を聞いてくださる出版者の方のほうが多いんですよ。
でも、ちょっとびっくりして凹んだものですから・・・。
すみません。

私の生き方の師匠 Uさんに また泣き言をいってしまいました。
で、なぐさめていただいちゃいましたheart02

「なんでheart02やねんannoy」と突っ込まないようにネ。
(なにが ネ じゃannoyとか言わないhappy02


で、そのままの勢いで「さとる文庫」配信しました。
ちょっと力を抜いて、今回は漫画のお話をしてます。
峰倉かずやさんの「最遊記」。
峰倉さんのお誕生日記念 配信ってことでbirthday

ちょっと力抜きすぎたかも。しかも風邪気味で 鼻が「ピィ-ピィー」
鳴ってます。 恥ずかしーい。
よかったら聞いてください。

|

タナボタ旅行

9日10日と誘われて旅行に行ってきました。
本当は80歳の伯母二人といとこ夫婦が行くはずだったのですが
伯母の一人が体調を崩してしまい、私に行かないかと言ってくれたのです。
「費用は全部払ってあるから、お土産買ってきてな~。」と伯母。

嬉しいんだけど、ひとつ問題が・・・。
私すごい 「雨女」なんです。
で、天気予報は やっぱり雨rain

前日に母から「みんなにちゃんと謝っときや~。」とか電話かかってくるし。
「なんでやね~んannoy
バスに乗ってしもたら大丈夫sign01  かな。

で、しっかり雨降りました。
しかも一部雪で高速道路が通行止めとかで こちらに流れてくる車が多くて
到着時刻が一時間以上も遅れてしまいました。

みなさん、ゴメンナサイdespair


普段旅行に行きたいなんて言わない伯母が 「行きたい」と言ったその先は
「大塚美術館」。
徳島県鳴門市にある世界初の陶板名画美術館です。
私は知らなかったんですが、世界の名画が原寸大で1000余点展示されてます。

私でも知っている名画がいっぱいnote
とっても迫力があって、広くて、行ってよかったです。
お天気が悪かったせいか人も少なくて堪能しました。
普段は平日でも人が多いそうです。

そこのミュージアムショップで、やっぱりありました。
      「ボンカレー」(by大塚食品」)

お土産はカレー、じゃなくてちょっと奮発して陶板画を買いました。

そして本日のお宿へ。
お料理も美味しかったし、みなさん本当に親切でとっても嬉しい。
今は、「桜鯛」が旬だそうですよ。

次の日は なんと晴れたーheart01
それもそのはず。いとこは 「晴れ女」だったのですsun

そして「渦の道」へ。
大きな渦は見られなかったものの、私は初めての「渦潮」で感激shine


Photo
そして、やりました。えーえーどうせ子供ですよだ。

そしていいお天気の徳島から一路バスで雨の神戸へ。
結局 最後も雨~rain

|

ペットゲート 完成

ペットゲート 完成しました。
今回は玄関に設置することにしたので、見栄えも考えたら・・・。
春なのに~お別れですかぁ~note (一万円札~crying

造ってる間 ずっと傍で見ていた かんちゃん。
ちょっと不思議そうに頭をかしげてました。

そんなかんちゃんを見ていたら 無意識に
「ごめんね、ごめんね かんちゃん。」
謝っている自分がいました。

人から見たらノラ猫さんより家猫さんのほうが幸せかもしれません。
でも、猫さんから見れば どうなんでしょうね。
わからないけど、でも私はかんちゃんが傍にいてくれてとっても幸せです。

いつも 「ありがとう」 って言ってます。
「だ~い好き」 も 「かわいいね」 も 「いい子だね」 も毎日言ってます。

もし かんちゃんが言葉がしゃべれたら
「幸せだよ」って言って笑ってくれるかな。




さとる文庫配信しました。
今回は「落語」と「ミステリー」sign02 good
とっても贅沢な本をご紹介します。
よろしかったら聞いてください。

|

脱走!

ウチの猫、かんちゃん。
手術はしていますが、女の子らしくてとっても美人さんheart01

元々かんちゃんは公園でノラのお母さんとはぐれているところを保護された子です。
色々あったけど、ちょっと猫の苦手な私のところへ来てくれた子。
ほんとに かわいいlovely

そのかんちゃんに最近 お外に彼氏が出来たみたいで・・・。
とっても大きい真っ白な猫さんが来るんです。

でもかんちゃんは「家のなかで飼います。お外には出しません。」
とお約束していただいた子です。
かわいそうですが 「窓越しの恋」となります。

ところが、昨日 おとといと2日続けて脱走!
うしろにかんちゃんがいないか確認してからドアを開けたのに、開けた瞬間 物陰から ものすごい勢いでビューンと出て行ってしまいました。
こんなこと今までなかったのにcrying

幸いすぐに捕まえられましたが、足がガクガク。
猫飼いの友人に聞いたら 「ウチの子は怒ったら出んようになったで~」と言われましたがそのときは怒るどころではありませんでした。

しょうがないのでペットゲートを手造りしようと思います。
できるのかwrench
実は前にも一度造ったのですが、設置直後に軽~く飛び越えられてしまって
「にゃに、これ?」と不思議そうな顔されたんですよ。
う~ん。恐るべし 猫の身体能力。

でも、こんな狭い家のなかに閉じ込めているのもかわいそうかもしれないですね。
心が痛い・・・。
サイフもイタイ・・・。 


|

そして誰もいなくなった・・・

昨日は「ひなまつり」でしたね~。
「ひなまつり」といえば「おひなさま」note

私も昔々は(なにも「昔」をふたつ書くことナイか・・・sweat01)おひなさまを飾ってもらいましたよ。

七段飾りの大きいやつでした。
いや~これがね、自慢じゃないけど出すのも終うのも めんどくせーめんどくせーsad
五人囃子なのに なぜか杯持ってたりして 「各自持ち物間違ってねえか~」みたいになってるし・・・・。
なんか持ってる手つきなんだけど、もうなにも小物がない・・・とか。
 
そのうち 「アンタのために出したんだから終うくらい自分でしいや。」とか言われてひとりで泣く泣く片付けたり・・・。
  
そのうち、まぁ ご想像どおり 「お内裏様とお雛様」だけ出てきていただいて、お付の方々は箱に入ったまま 一応蓋は開けて虫干し~って感じで。

で、そのうち・・・・・・・・
誰もいなくなった・・・。

|

懲りずに梅林

日曜日またまた梅林に行って来ました。
でもまだ4~五分咲き・・・gawk

でも桜と違って、一気に咲いて一気に散ることがないから
こんな感じかな。
梅の花ってかわいいですよね。

鶯も枝に止まっていて内心ちょっと驚いたことがsign01
「鶯もちってほんまに鶯色なんや~heart
すみません。花より団子です。

朝方まで雨だったので下はべちょべちょでした。
 「あぶないで!すべるからこけんように気をつけて!」
とか言いながら 真っ先にすべってこけるのが私なので
黙って気をつけて歩きました。

途中見たことない大きな梅の花が咲いていて
「ん?これ梅?」
口を開けてまじまじ見上げていたら・・・。

誰かがイタズラして椿の花をテープで梅の木につけてましたwobbly
引っかかってしまった・・・。

その後も 「梅っていい香り~」と思ったら横に沈丁花が咲いていたり・・・。

楽しく春の一日を満喫しましたcoldsweats01

|

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »