« よろこんでお掃除させていただきます! | トップページ | 続・ケータイ三婆物語 »

キターッ!んだけど・・・

今日 1枚のはがきが来ました。

4月に ある作品の作家さんに朗読の許可をいただくために、直接お手紙を
書きました。
あ、先にはがきの内容を言いますと、許可していただけました。
それは すごく嬉しかったんです。
ありがとうございます。

が・・・。

さかのぼること 3月初め。
ある出版社にいつものように申請書をFaxで送りました。
「許可していただけるでしょうか?」 という文面に対して
「著作権者の許諾が必要になるのではないかと考えられます。」
という回答でした。


もうね、力が抜けました。

それから しばらく 「もう ムリかも・・・」と落ち込んでおりました。
でも Uさんや、相方さんに励まされて 4月、思い切って直接作家さんに
お手紙を書いたんです。
開き直ったといえば そうなんですが 「自分で許可をとれば」
と言われたと受け取ることにしました。

それまでは作家さんに直接お願いする、ということは作家さんにどんなご迷惑
をかけてしまうかわからないので しなかったんです。
でも それは私の思い過ごしというか、要らぬ心配だったのでしょうか。

実は はがきを書いて送ってくださったのは、その作家さんの担当編集者の
方でした。
「これからもよろしくお願いします」みたいなことが書いてあって、
まあ それはその作家さんのことを、ってことかもしれないんですが
なんか拍子抜けっていうか、「え?ええのん?それで。」 みたいな。

いままで私 アホやった?
出版社の人に 「訴えてやるからな!」 だの 「本がいくら売れたか証明しろ」
だの言われてあきらめてたのは・・・。
当たって砕けた 私がアホなのか?

まあ実際 今回のことで作家さんにも編集の方にも どのくらいのご迷惑を
おかけしたかはわからないのですが、これからは直接作家さんにお願いして
みようと思います。

もちろん講談社、東京創元社の方々には これからもちゃんとお約束を守ります。

|

« よろこんでお掃除させていただきます! | トップページ | 続・ケータイ三婆物語 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

著作権って、面倒なんですね。
だけどもぐらさんはえらいなあ。ちゃんと許可を取ってるんですね。安心します。

この前、友達に「私のお話を朗読してくれた人がいるんだよ」と話したら、
「大丈夫?騙されてない?」だって(^0^)
心配してくれたんだろうけど、思わず笑っちゃいました。
「ちゃんとした人だよ」って言っておきました。
中には、お年寄りを騙してお金を取る人もいるんだって。
もぐらさんのように、きちんとしている人のほうが、だんぜん多いのにね。

投稿: りんさん | 2010年5月21日 (金) 18時30分

<りんさん>
うわー「ちゃんとした人」だなんて、照れるな~。
(*v.v)。
ありがとうございます。
お友達にもよろしくお伝えください。(*^-^)

私がしている形態は著作権を侵害しているとは思っていないです。
が、作家さんが大切にしているものを同じように大切にしたい
と思っています。
だから作家さんに「ダメ」って言われるなら納得するんですけどね。
まだまだ 戦いはつづく・・・かな。

投稿: もぐら | 2010年5月21日 (金) 19時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« よろこんでお掃除させていただきます! | トップページ | 続・ケータイ三婆物語 »