« 一年かけて 手抜きの準備 | トップページ | RETRIEVER »

楽曲配信について 追記です 

クレヨン社のファンのみなさま お越しいただきありがとうございます。
いったいなにがあったのかと思いました。壊れたかと思った・・・。(゚ー゚;

クレヨン社のHPに さとる文庫を紹介していただきました。
加藤さん、柳沼さん、スタッフの方々 ありがとうございます。

12月5日にさとる文庫で クレヨン社の「クリスマスの近い日」 という楽曲の
歌詞の朗読をさせていただきました。

初めは私の好きなクレヨン社の楽曲をクリスマスプレゼントとして たくさんの方に
聞いていただければ、という軽い気持ちでした。
10年前の楽曲でCDも廃盤になってしまっている、ということもありましたし、
もし 払えそうな使用料ならぜひやってみたい、と思いました。

たまたまテレビで見た ある歌手の方のおっしゃっていたことも気になりました。
そのあたりのことは こちらの記事を読んでくださいね。 → コチラ

まぁ いろいろと思うこと、考えることの多い経験となりました。
いま読み返すとグチってますねぇ。( ̄Д ̄;; ヤサグレてる。

もしかすると日本音楽著作権協会に申請をしてみよう、と思っていらっしゃる方が
いるかもしれないので 参考になるかどうかわかりませんが追記をしておきますね。

私はクレヨン社の楽曲の配信にこだわったのですが、日本音楽著作権協会からの
メールには
「自作のMIDIや自身で演奏して収録した音源などを使用した音声データ
の配信であれば、著作隣接権の許諾は不要です。」
ともありました。
これが大事な方も多いかもしれません。

ですから 私が楽器を演奏できればメロディーは配信できたかも・・・です。

そして、使用料ですが
150円 + 消費税 7円 + コンビニ振込み手数料 65円 = 222円 
でした。(一か月分 あくまでも私の場合です)

で、まだ終わりじゃないんですよ。(^-^;
使用許諾期間の満了月の翌月、 1日~末日までの間に日本音楽著作権協会に
「利用曲目報告」 というのを提出しないといけません。
パソコンで エクセルなどの表計算ソフトやメモ帳などのテキストエディタで
報告データを作成します。
それを送って 受理されて やっと、やっと終わります。ε-( ̄ヘ ̄)

これから先 この現状を考えればレコード会社の対応も変わっていかなくちゃ
いけないとは思いますが、だからってン万円も使用料がかかったら払えないしなぁ。
難しいなぁ。

でもね、クレヨン社の音楽はステキです。
これからも ゆっくり がんばってください。


クレヨン社のHPに追記されている記事も読んでみてくださいね。
クレヨン社HP 左のサイドバーからどうぞ。

|

« 一年かけて 手抜きの準備 | トップページ | RETRIEVER »

朗読」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一年かけて 手抜きの準備 | トップページ | RETRIEVER »