« 良妻のはずなんだけど | トップページ | 日本は行事がいっぱいだ »

こわいお話

いつも楽しませてもらっている海野ことりさんのブログ

怪奇ギャグ漫画と制作日記」ではブクログのパブーさんにて

最後の晩餐」というホラー漫画が公開されています。


血なまぐさい表現、いじめ、虐待などの表現が出てきます。

苦手な方はご注意くださいね。

私はちょっと胃に来ました。(-_-;)


この漫画には原作者さまがいます。

なんとあの、あの「ねこバナ。」の佳(Kei)さんです。

佳さんの中にこんなオドロオドロしい世界があったなんて。

そして佳さんのブログでは原作となったお話が公開されています。

苦手でない方はどちらもお楽しみください。


今回とても刺激になり、勉強になりました。

「視覚」というのは人にとって強烈なモノだなぁと改めて実感。

それに比べて「聴覚」から脳へという経路はなんて遠い・・・。

でも音の種類によっては視覚より長く残るものですよね。

音楽を聞くとあのころに時間が戻ったような気がするとか言いますし。

「お風呂に入る。」と聞きながら「ザザザー」と大量の水の流れる音を聞くと

「湯船に浸かる」という動作まで浮かぶし。

面白いな~。

ということで、今月のさとる文庫は「不運・不幸」がテーマになりそうです。(^^;)

|

« 良妻のはずなんだけど | トップページ | 日本は行事がいっぱいだ »

朗読」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

>今月のさとる文庫は「不運・不幸」がテーマになりそうです。

わーっ!楽しみです。「不運・不幸」は、人の心を成長させると思います。
あ、私の場合は只々老いるのみですが。(´Д⊂グスン

投稿: haru | 2013年1月11日 (金) 23時38分

<haruさん>
ありがとうございます。がんばります。
心の成長は謙虚さと感謝の気持ちを持っていれば、ずっと
成長し続けるのだと思います。
haruさんを見ているとそう思います。
私もそうありたいです。(^-^)

さとる文庫の予定は2月末まで決めてます。
2月は特集を企画中。
お楽しみに。(*^^*)


投稿: もぐら | 2013年1月11日 (金) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良妻のはずなんだけど | トップページ | 日本は行事がいっぱいだ »