« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

レイバックさんのツイノベ

さとる文庫 配信しました。

今回はレイバックさんのブログ「ショートショート風呂」より

140文字でつづる物語 ツイノベ3作品

「猫の雨」「黒猫と揚羽」「白ねこ」をご紹介いたします。

テーマは「猫」。


みなさんもどこかで出会ったことのある猫さんがいるかもしれません。


よろしくお願いいたします。


ツイノベとは140文字でつづられる短い短い物語。

レイバックさんのツイノベ作品がたくさん! こちら

ぜひ お楽しみください。

| | コメント (0)

違いますから~

近所のマンションで強盗があったそうです。

その犯人の身体的特徴が・・・。

50~60歳位。男性。

猫背。


ふんふん。


白髪交じりの長髪で後ろで束ねている。



・・・ん?



前から頭頂部にかけて薄い。



・・・・・・・・・・。



後ろにカゴのついた自転車に乗って逃走。



・・・・・・・・・・・・・。(-_-;)



強盗のあった時間。

午後6時ごろ。


あ~ その時間なら相方さんは仕事中だ~。(^-^;

いえ、疑ったわけではありません。

ただ・・・。

ちょっと・・・。

ね。

| | コメント (0)

祝・本の出版 お知らせ~♪

さとる文庫でいつもお世話になっている銀河径一郎さんの本が

6月28日に出版されます。

タイトルは「ドルフィン・ジャンプ」です。


詳しくは銀河さんのブログより 「ドルフィン」出版 その1  その2


立派な装丁です。

嬉しいだろうなぁ~。(*´▽`*)

昔 友達の小冊子を作るのを手伝ったことがあります。

銀河さんの御本のような立派なものではありませんでしたが

製本されて出来てきたら やはり嬉しかったものです。

銀河さん おめでとうございます。

みなさまも書店で見かけたら ぜひお手に取ってみてくださいね。

| | コメント (4)

胡蝶とアカギレ

さとる文庫 配信しました。

今回は矢菱虎犇さんのブログ「とらびし秘宝館」より

「胡蝶とアカギレ」という作品をご紹介いたします。


これは現実か?

考えれば考えるほど不確かになってゆく現実。


どうぞよろしくお願いいたします。


私は人の顔が覚えられません。病気かも・・・。

今回フリートークの部分で心配になったので調べてみました。

「失顔症」と言って100人に1人の割合で居るらしい。

ちょっと安心。(;´∀`)


でも私 犬の顔は見分けられるんですが・・・。(-_-;)

そっちのほうがモンダイかも???

| | コメント (0)

今朝の夢

今朝 早くに目が覚めかけて ウトウトしたときに見た夢が

とても不思議な夢でした。

3部に分かれていて(3回 目が覚めかかった(^-^;)

ずーっと旅行しているんです。

1部がとてもきれいな透き通ったブルーの水のあるところで

海のような湖のようなところ。

私は真っ白な靴を履いていて、そのまま水の中に入っていく。

どこかの島のようで いろんな人がたくさんいて

みんなとても親切で すごく楽しかった。


2部は ところ変わって日本家屋。

とてもりっぱな日本庭園を眺めながら座っている。

ここでもいろんな人がとても優しくて親切だった。


3部がちょっと問題。

たぶんダメな人はここで うーーんとうなされるかも・・・(^_^;)

いよいよ帰り 駅に来て切符を手に持っている。

まだちょっと時間があったのでトイレへ行くと、古い台所のような部屋。

古びた流し、おたまや菜箸なんかが置いてある。

籠に山積みのレモンや野菜なんかもある。

狭い個室を見つけて中を覗くと、私の頭くらいある大きな蜘蛛が

一匹 壁で固まっている。

黄色と黒のストライプの毛深い いかにも毒をもってそうな蜘蛛。

すると突然 音もなくドアが閉まる。

そのドアが開かない。

どうしようと思ってドアを開けようとする。

手に持っている切符が邪魔になって 棚に置いた。

両手でやっとドアを開ける。

するとさっき置いたはずの切符が蝉になって飛んだ。

あっと思っていると、いままで動かなかった蜘蛛が

素早く蝉になった切符を捕まえた。

さすがに毒を持ってそうな蜘蛛を素手で触るのはためらわれたので

慌てて菜箸で蝉になった切符を摘んで蜘蛛と取り合いになる。

そこで目が覚めた。



楽しい いい夢でした。(私は蜘蛛は平気なので(^-^;)

| | コメント (2)

減ったり増えたり

今日のお昼時 テレビで公人のブログの話をしていて

相方さん 「昔と違うからなぁ。同じ感覚やとあかんよな。」

うん。そうやね。

相方さん 「昔は人の噂も四十九日って言ったけど。」

・・・・・うん。ちょっと足らんけど。

まぁ ええわ。 閻魔大王さまのお裁き待ちやな。(-_-;)

と思っていたら

相方さん 「あれ?九十五日やったっけ?」 

・・・うん。増えたね。ちょっと増えすぎたね。



おしいなー。(棒読み)

| | コメント (4)

ある重大犯罪

さとる文庫 配信しました。

今回は雫石鉄也さんのブログ「とつぜんブログ」より

「ある重大犯罪」という作品をご紹介いたします。


ある重大犯罪とは?

最後までお楽しみください。


どうぞよろしくお願いいたします。


今回の作品 なんだか落語にできそうだなぁと思いました。

実はこの間 「落語を作ろう!~創作落語のつくり方~」という

講習がありまして、受講してきました。

一日だけ、しかも無料だったので内容は本当に

基本中の基本だけでしたが。

去年 さとる文庫で「厩火事」という落語をやらせていただきました。

そのときは落語を朗読台本に書き換えるということが

できていなかったので、またいつか挑戦したいと勉強中です。

でも朗読台本に書き換えると落語じゃなくなるんだよなぁ。(-_-;)

難しいですね。

いつかできたらいいな。

それまでの過程も楽しみたいと思います。(*´▽`*)

| | コメント (0)

大人のジャンケン

昨日の記事に

「どーぞ どーぞ状態だったのに 結局ジャンケンで決めたのね」と

ツッコミ入りましたー。( ̄▽ ̄;)

ええ まぁ。

「どーぞ どーぞ」と言いつつも手を伸ばしかけると

「あああーっ」という空気感がダダ漏れの3人でした。

シュークリームでもよかったんだけど、このシュークリームが

粉糖てんこ盛りだったんです。

どんなに頑張って大口開けて食べても、口から半径30cmは

粉糖が散って白くなるな・・・って感じ。

そういうときはジャンケンに限る。

うん。大人なジャンケン。

冷静に真剣に・・・。



お知らせ~

カンナさんの漫画「おっしょさん」 更新されました。

今回は「なすとかぼちゃ」。

この間NHKで聞いたところだったのでGoodTimingでした。

ぜひ お楽しみください。(*^^*)

| | コメント (0)

当たりハズレのないケーキ

私は甘い物が好きです。

初めて行くケーキ屋さんで買うのはショートケーキ。

あとはチーズケーキかチョコレートのケーキ。

でも差し入れでいただいたケーキで好きなのはモンブラン。

モンブランって当たりハズレがないと思うんです。

とりあえずは食べられる。

でもね~ モンブランってけっこう人気ですよね。(^-^;


今日もモンブラン1個を真ん中に3人が「どーぞ どーぞ」状態。

他にあったのは抹茶のケーキとシュークリーム。

私 抹茶のケーキが苦手なのです。

食べますけど (食べるんかい) 自分では買わないです。

けっきょく ジャンケンでモンブランいただき~♪

今日は良い日でした。(≧▽≦)

| | コメント (6)

夜が泣く

さとる文庫 配信しました。

今回はTome館長さんのブログ「Tome文芸館」より

「夜が泣く」という作品をご紹介いたします。


誰にでも泣きたい夜がある。


よろしくお願いいたします。


みなさん 泣きたいときってありますか。

そんなときは我慢せず涙はどんどん出しましょう。

ストレス物質が排出されてスッキリしますよ。

出物腫れ物所構わずっていうでしょ。

あれ?出物腫れ物ところ選ばずだっけ?

| | コメント (0)

朝の景色

梅雨入りしたとたん 雨が降りませんね。(^-^;

夏の水不足が心配です。

雨乞いに大物のシーツでも洗濯しようかしら。

日本のみなさんために私が犠牲になろう。(←オーバー)


まあ 朝が涼しくて助かります。

窓を開けて寝ていると肌寒いくらい。

そんな日の朝は決まっていつもの景色。

目を覚ますと・・・

Photo


Photo_2


どーんと目の前にタヌキ・・・あ、いえチップが寝てます。

このあと 「ごは~ん攻撃」が始まります。(-_-;)

気持ちいい朝 もう少し寝かせてください・・・。

| | コメント (2)

説得むなしく・・・(^-^;

晩ご飯に使うキャベツを切ろうとしたところ 葉っぱの間から

きれいな色の昆虫さんがモソモソと出てきました。

「おーい 切っちゃうぞー。」

といいながら捕まえようとしたけど、モソモソと葉っぱの中に逃げちゃった。

どこに行ったかわらなくて、しかたないので気をつけながら

キャベツを刻んで、ほぐしながら昆虫さんも一緒に刻まれてないか確認。

いない。 ホッ(;´∀`)

使わないからと冷蔵庫に入れたほうに移ったか?


「キミは完全に包囲されている。おとなしくでてきなさーい。」

「畑のお母さんも泣いているぞ。」

「妹たちも心配している。」

「このあと茹でるんだ。早く出てきなさい。」

「平成の時代 釜茹での刑なんてシャレにならんぞ。」

「私は釜茹での刑になったのは石川五右衛門しか知らん。」

「茹で上がったキミの姿なぞ見たくはないんだ。」


と言いながらジャバジャバ水洗いしていたら ふと視線を感じ


・・・・・(;一_一) ←こんな顔して相方さんが見ていた。


水にさらすようにして洗ったけど見つからなかったので大丈夫だと

判断して茹でました。


なのに なのに・・・・・・・。

平成の釜茹での刑 執行。 il||li _| ̄|○ il||li

ごめんよ。

| | コメント (4)

入りたいのー

相方さんが大好きなかんちゃん。

あ?うん?

相方さんが大好きかどうかは置いといて

相方さんの仕事部屋が大好きなかんちゃん。(^_^;)

換毛期は絶対入れてもらえません。

それ以外でもダメなんですが。(-_-;)

泣いても わめいても ドアは開かない。

あんまりうるさいので連れに来たら

玄関の土間で相方さんの靴にあごを乗せて

絶対いや!のポーズ。

Photo

かんちゃ~ん。

そんな汚いとこに寝そべったら ますます入れないよー。(^-^;

| | コメント (4)

夏服

さとる文庫 配信しました。

今回はりんさんのブログ「りんのショートストーリー」より

「夏服」という作品をご紹介いたします。


冬服から夏服へ。

移りゆく季節 ゆれる思春期の想い。

爽やかでちょっとほろ苦い物語。


よろしくお願いいたします。


学生のころの「夏服」って白でした。

私にはイターイ思い出がありまして。

その白い夏服に衣替えしてすぐのこと。

私は三つ編みのおさげでした。

で、書道の授業中(あ~ 嫌な予感・・・)そのおさげの先っぽが

硯の中にポチョン。

白い夏服にボタボタと墨がーーー!!

その日の夜 しくしくと泣きながらご飯粒を擦り込んではもみ洗い。

もみ洗っては またご飯粒を擦り込んで・・・の繰り返し。

少しは薄くなりましたが、元の白さには戻らず シミだらけ。

今も心にシミのように残る 残念な思い出。

誰か私の心のシミ抜きをしてください。(T_T)

| | コメント (4)

当たり~

今日は昼から仕事で出て、ちょっと遅く帰ってきました。

帰りにいつものミニスーパーへ寄ってお買い物。

最近 仕入れの人が変わったのか、お魚がとても充実してます。

それまででも充実はしてたんですけどね。

でもちょっとお値段がお高くなったかな。

良い品物があると早くに売り切れてしまうので、遅くに行ったときは

あまり品物がない。(-_-;)

ところが今日は夕方に雨が降ったので、意外と良い品物が残ってたー。(*´▽`*)

嬉しーい。

特に今日はお刺身が良かったです。

と、いうことで・・・

Photo_3


大きな「こち」のお刺身。

でもこれ実は・・・

Photo_4


半額でした。

ちゃんとアラも付いていて お買い得~。(*^^*)v

とっても美味しかったです。

アラは熱湯に通して水洗いしてから出汁を取りました。

良いお出汁が出てこれも美味しかったです。

いつもこんなに良い買い物ができるわけじゃないんですけどね。

ご褒美 ご褒美~♪でした。 

| | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »