« 暖かかったり 肌寒かったり | トップページ | なんでまんの走り »

日本古来の歩行

台風の影響で風が強いです。

みなさまのところは大丈夫でしょうか。


さて、台風の影響で仕事がありません。

こんな時もあるさ~。

あとが怖いけど・・・。(^-^;

と、いうことでテレビでやっていた落語を聞きました。

桂文華さん 「二人ぐせ」

春風亭小朝さん 「池田屋」

小朝さんの「池田屋」はあの新撰組の池田屋事件の噺です。


その中でのお話。

「あの時代の農民、町民は同側の手足が同時に出る歩き方

だったので急に駆け出すことができなかった。」と。


ん?なにそれ?

なんだかすごく気になったので調べてみました。

ホント便利ですね パソコンって。

すぐに これかな?という資料が見つかりました。


「幕末期におけるオランダ式軍事訓練の歩行の特徴について」


読みましたが、なかなか面白かったです。

そんなに長い資料ではないので、ご興味のある方は調べてみてくださいね。


この資料によると、今の一般的な歩き方は開国を迫る西洋諸国からの圧力への

対処のひとつとして西洋の軍事式歩行訓練が導入されたからだとか。

そのため軍事訓練のマニュアル本が多数 翻訳され出回ったのだそうです。

その訓練書のなかの一冊について取り上げられています。


ちょうどオランダの原書が和訳されて刊行されたのが1857年 安政4年。

池田屋事件が1864年ですから年代的には合ってる。

高杉晋作さんの奇兵隊でも、これらの訓練書がテキストとして

用いられていた可能性は高いそうです。

ふーん。面白い。

そして日本古来の歩行を「ナンバ歩行」と言い、「ナンバの姿勢」で

歩いていたそうです。

ナンバ姿勢とは、ガニマタで ひざを曲げて 前かがみで 足の先だけで歩く。

しかも同側の手足が同時に出る。


難しくないか?? (^-^;

で、やってみました。

はい。狭い部屋の中でウロウロウロウロ ナンバ歩行。

え~ 時代劇なんかでよく見る着物着た かわいい町娘さんも

こんな歩き方してたん?うっそ~ん。


本人はいたって真面目に真剣にやっていたのですが

「はっ」として ちょっと恥ずかしかったです。( ̄▽ ̄;)

みなさん くれぐれも外ではやらない方がいいですよ。


でもウィキの「ナンバ走り」の頁には、これとは反対の説があり

そちらの説も読んでみると とても面白いです。

いろいろな面から物事を見るって面白いですね。

|

« 暖かかったり 肌寒かったり | トップページ | なんでまんの走り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暖かかったり 肌寒かったり | トップページ | なんでまんの走り »