« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

雨粒

さとる文庫 配信しました。

今回ははるさんのブログ「ゆっくり生きる」より

「雨粒」という作品をご紹介いたします。


今回 はるさんからリクエストをいただきました。

こちらの詩ははるさんご自身でも朗読されているのですが

それが消えてしまったんです。

はるさんの朗読 とっても素敵だったのに。

モッタイナイ。


その作品が生まれたときの気持ちってご本人にしかわからないもの

なので いつもドキドキしています。

私が感じたように 私が思ったように 朗読していいのかなって。

そんな不安を持っている私に いつも作品を託してくださる

創作ブロガーさんたち

そして そんな不安な私の朗読を聞いてくださるみなさま

いつもありがとうございます。

これからもがんばります。

という決意表明のような第232回。(なにこの中途半端!)

| | コメント (0)

頂きました~

巷でウワサの クロワッサン鯛焼き いただきました~。

Photo


美味しそうでしょ。

食べてみたかったんですよ~ん。

カリカリしてて 香ばしくって 美味しゅうございました。

ごちそうさまでした。

しかし まぁ なんで美味しい物はこう 高カロリーなんでしょうね・・・

( ̄- ̄lll) ふふふ・・・

| | コメント (2)

血をください

さとる文庫 臨時配信いたしました。

今回もはるさんと共演です。

りんさんのブログ「りんのショートストーリー」より

「血をください」という作品をご紹介いたします。

はるさんとの共演は動画が多いです。

朗読 はるさん と もぐら

動画編集 もぐら

画像はフリー素材からお借りしました。


今回の動画も紙芝居をイメージしました。

YouTube視聴環境にない方にも聞いていただけるよう

いつもの音声だけでも公開しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

毒りんご

さとる文庫 配信しました。

今回はTome館長さんのブログ「Tome文芸館」より

「毒りんご」という作品をご紹介いたします。


魔女の毒りんごのレシピ。

作ってみましょうか。 グツグツ グツグツ


よろしくお願いいたします。



フリートークの訂正。

フリートークで「白雪姫」と「シンデレラ」と「眠り姫」と「赤ずきんちゃん」

と言っておりますが 「赤ずきんちゃん」 入ってないわ。

肝心なところは覚えてるけど その肝心なところが混乱してるという

歳いくと ようあることや。

な? ( ̄▽ ̄;)

| | コメント (0)

いまさらですが、文学フリマ行きました

なんか やっとPCが落ち着いてきた・・・かも。

で、14日に文学フリマに行きました。

迷子にならず ひとりで行けたもーーん。

でも ですね 事前の下調べがあまりできていなかったのと

その下調べで大きな間違いをしでかしていたのと

初めてなことすぎて(そして人ごみが苦手すぎて)

あまり楽しめなかったです。


とにかく1つのブースが狭い!

あんなもんなのかしら。

1.5もぐら尻幅くらいしかない。(誰ですか 広いやんって言ったの)

前に人ひとり立ったらいっぱい。

なので見たいブースの前に人が居たら また会場内流れて行って

戻ってくる みたいな感じ。

頭の中で 「人間が回転寿司」 とか言ってひとりウケる。


けっきょく 見たいブースは見られず。

あ、でも こちらはGetしました。

Photo


まぁ 初めてやし よしとしよう。

だって 迷わず行けただけエラかった 私。

| | コメント (2)

PCがフリーズするのよぅ

PCがずっと調子が悪いんです。

フリーズするんです。

ここの記事も書いても書いても 保存する直前にフリーズして

記事 消える。(u_u。)

文学フリマに行った記事書いたのに・・・。

Windows8から8.1にしてないから いろいろ噛み合わなくなってる?

と思って しかたないから8.1にした。

そしたらお気に入りがぐちゃぐちゃ~。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

削除したのまで戻ってきたり 並び順がバラバラ・・・

なんかポップアップしてくるし。

(つд⊂)エーン

仕事では使えるから いいとするか??

| | コメント (0)

心のかたち

さとる文庫 配信しました。

今回ははるさんのブログ「ゆっくり生きる」より

「心のかたち」という作品をご紹介いたします。


「心」はどこにあるの?

「心」はどんな形?


よろしくお願いいたします。


クイズ

「こころ」「したごころ」「りっしん」 これな~んだ。







答え

部首 (*^m^)

| | コメント (0)

混迷する ことわざ

仕事でちょっとラッキーなことがありまして

そんなときに

「もぐらさん よかったですね。

柳の下にどじょうは3匹まで ですよ。」



・・・・・ なんですか、それは?(゚ー゚;


「ことわざですよ。よく言うでしょ。」


・・・・・いやいや 

ちなみに それどういう意味?


「え?2度あることは3度ある みたいな?」



えー たぶん

「柳の下にどじょう」 と

「仏の顔も3度まで」 が

ごっちゃになったものと思われます。


と 言っていたら  本当にあった。

正確にはことわざではなくて 営業用語?らしい。


いいことが続きますよって意味で言ってくれたんだと。

う~ん。

ことわざの意味が・・・。(-_-;)

まっいいか。

よくないけど。

大丈夫か?・・・( ̄▽ ̄;)

| | コメント (0)

カタカナ苦手やねん・・・

この間テレビに出てたユウ・リン・チーくん

よく見ると味があってかわいいよね。

ざっくぅみたいでムニュムニュさわりたくなる。

でも声がすごくきれいやねー。

・・・と話をするも 誰も知らないって言う。

えーあの子やん。

きれいな歌声の。この前テレビに出てたやん。

え?もしかしてリン・ユーチュンじゃないかって?

あれ?ほんまや。名前がちがってる。

あら?じゃあ ユウ・リン・チーって誰???


Photo


油淋鶏 ユーリンチー


・・・・・どこに謝ったらいいのやら。(-_-;) スミマセン

| | コメント (2)

十五夜

昨日 とっても月光がきれいでした。

今日が十五夜だったんですね。

もうちょっと先かと思ってたよー。

今日もきれいです。

2014_2


あいかわらず携帯ですみません。

で、月見団子 作りました。


2014

お供えのように積もうと思ってるのに お皿の上では滑るし

団子同士ではくっつくし 指にも張り付くし 積めんがな!!

ということで この状態・・・(-_-;)

みたらしのたれでいただきました。

美味しゅうございました。


そして嬉しいお知らせ o(*^▽^*)o

いつもお世話になっている「りんのショートストーリー」のりんさんが

公募ガイド 小説虎の穴で最優秀賞を受賞されました。

なんと今回で2回目!


今回のテーマは「藪の中」。

難しいテーマでの受賞 本当におめでとうございます。

明日は本屋さんへ行こう!

| | コメント (2)

長屋の神様

さとる文庫 配信しました。

またまた「ゆっくり生きる」のはるさんと共演です。

今回は春待ち りこさんのブログ「言葉探しの部屋」より

「長屋の神様」という作品をご紹介いたします。


朗読 はるさん と もぐら

動画編集 もぐら

画像はフリー素材からお借りしました。


今回の動画は紙芝居をイメージしました。

YouTube視聴環境にない方にも聞いていただけるよう

いつもの音声だけでも公開しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

夏から秋へ、そして・・・また夏

公園のそばを歩いていると

ツクツクボーシ ツクツクボーシ・・・


あ~ 暑いけど やっぱり秋が近づいてるなぁ

一時 涼しかったしなぁ


ツクツクボー・・・

ミーンミンミンミン! ミーンミンミンミン!


あ~でも 今日はまた暑いし 9月なったとこやしなぁ


ミーンミンミ・・・・・

ツクツクボーシ ツクツクボーシ



でも 日差しはだんだん秋やなぁ


ツクツクボー・・・・

ミーンミンミンミン ミー!ミーンミンミンミン ミー!



あ~ 暑いなぁ


ツクツクボーシ ツクツクボーシ
ミーンミンミンミン ミー!



あぁ うるさい・・・

蝉 再び


PS

「ツクツク」先派 と 「ボーシ」先派 があるんだそうです。

ボーシツクツクボーシツクツクボーシツクツクボーシ・・・

どっちでもいいような気がします。(-_-;)

| | コメント (2)

もぐらはひよこに似ている・・・

もぐらのイラストって なんか簡単ですよね。

描いてみました。

Photo


どれだけ自分に絵心がないか 改めて実感・・・ _| ̄|○ il||li

これ 色を変えたら

Photo_2


ひよこ~

絵心以前の問題やで。

ついでに

Photo_3


私の焼く目玉焼きはいつもこんなの。

| | コメント (0)

あの頃は若かった

昨日のさとる文庫 楽しんでいただけたでしょうか。

フリートークの中で 「Barに行ったことがない」 と言いましたが

ありました。 一度だけ。

たぶん あれはBarだったと思う。

でも私のBarのイメージって薄暗くて 静かにJazzなんかが

流れてるんですけど(あれ?それってスナックっていうの?)

記憶の中のそのお店は明るくて 白木の床に白木のカウンター

イスは深いソファーみたいなのもあったし、普通の喫茶店にある

ようなイスもあった。

とってもきれいで まぶしくて 新しい。

イメージは違うけど でもそこは静かにお酒を楽しむところだった。

それはドアを開けた瞬間にわかった。

・・・・・私だけは。

なんせ飲んでなかったからね 私だけ。(-_-;)


年に一回のその日は女子だけ10数人で遊びに行っていた。

友人たちはみんな お酒一年生。

居酒屋さんで飲んで食べて もう一軒行こうとなって

友人たちに任せるまま 付いて行った。

どこかのビルの5~6階だったと思う。

今思えば なんでそんなお店を友人が知っていたのか・・・。


カウンターで静かにお酒を楽しむオジサマ2人とマスター。

ギャッギャとうるさい20代なったばかりの女子たち。

途中 お手洗いに立った私が見たものは

「うんざり」 「げんなり」 「苦笑い」 と

頭の上に文字が浮いて見えるような顔の3人。

申し訳なくて私は黙って深々と頭を下げました。


でもねすごく雰囲気のいいお店だった。

「また来たい」と思ったんです。

今度はひとりで静かに。

飲めないから行けなかったけど。

でも飲めたら絶対行ったと思う。

そんな初めてのBarでした。


なんかすごく昔のこと思い出しちゃった。

あの頃は若かったんです。

ごめんなさいねー。

| | コメント (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »