« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

貧乏性って・・・

先日 私は貧乏性って言いましたが

貧乏性はケチより悪いんだそうです。

あれ?貧乏性ってどんなだ?と思って(いまさら)調べてみたら

けちけちして大らかでない。

小さいことにいちいちこだわる。


えー?じゃあ私 貧乏性じゃないわ。

だって大らかだもん。

大らか通り越して大雑把だもーん。


小さいことにいちいちこだわるなんてめんどくさいことしないもーん。


なーんだ。私 貧乏性じゃないや。

もっと悪・・・ アレ?Σ(;・∀・)

| | コメント (0)

手紙

さとる文庫 配信しました。

今回ははるさんのブログ「ゆっくり生きる」より

「手紙」という作品をご紹介いたします。


「妻からの手紙」 と 「夫からの手紙」。

手紙の行方は・・・。


よろしくお願いいたします。


いつも共作させていただくはるさんは 実はショートショートも

書いていらっしゃいます。

今回の作品ははるさんからリクエストをいただきました。

みなさま ぜひ はるさんのショートショートもお楽しみくださいね。

| | コメント (0)

ケチじゃないのよ貧乏性なのよ

晩ご飯に大根餅を作ったんですが

今回の大根が悪くて スが入ってたんです。

おいしくない大根。

だからいつもよりしっかり大根の水分を絞ったんですよ。

水分が少ない分 当然 いつもよりモチモチしますよね。

相方さん曰く 「いつもよりおいしい」

うん。わかってるの。

いつもも もっと水分を絞ればいいの。

でもね その水分に栄養素が出ちゃうでしょ。

もったいないよー。

ケチじゃないの。

せっかくの栄養がもったいない。

あ~ これって貧乏性なのね。

絞った大根の汁 なにかに使えないかなぁ。

みなさん なにかいい知恵 知ってます?

| | コメント (0)

やかんとの対談

またまた はるさんとの共作動画を公開しました。

雫石鉄也さんのブログ「とつぜんブログ」より

「やかんとの対談」です。

今回ははるさんのブログ「ゆっくり生きる」で公開中!

みなさま どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

プログラム

さとる文庫 配信しました。

今回は矢菱虎犇さんのブログ「とらびし秘宝館」より

「プログラム」という作品をご紹介いたします。


ある寒い日。

路地裏で倒れたおじいさんとロボットのお話。


よろしくお願いいたします。


もし家にロボットがいるとしたら どんなロボットがいいですか?

私は 青い未来の猫型のアレがいいです。 v( ̄▽ ̄)v

| | コメント (0)

20年

日付が変わってしまいましたが

あの日から20年。


もし同じことが起こったとしたら 

あのときよりもなにかできるだろうか。

あのときよりもひとりでも多く助かるだろうか。

あのときよりも人の助けになれるだろうか。

あのときよりも一日でも早く明日に向かって頑張ることができるだろうか。


どれかひとつでもできたなら それが 

あの日を生きた意味だと思う。

| | コメント (0)

受ける難しさ

今日は冷たい雨でした。

その雨の中 出先から帰りの信号待ちでのこと。

後ろから男の人が怒鳴っている声が聞こえた。

見ると雨合羽を着て車いすに乗ったおじさんが 

これまた雨合羽を着て車いすを押している女性に怒鳴っている。

「合羽着とるんやからええねん。前行け!前!」

二人が居るのはお店のテントの下 雨が当たらないところ。

女性がなにか言ってるけどおじさんは聞かない。

「わしがええ言うてんねんからええねん!」


たぶん いくら雨合羽を着ていても雨が当たると体が冷えるからと

テントの下に入ったのだと思う。

それは女性がおじさんの体調を心配しての優しさだと思う。

それがおじさんには伝わらない。

私が若かったら おじさんに怒って女性を可哀想だと思ったと思う。


でも今はおじさんの気持ちも考えてしまう。

おじさんがどうして車いすに乗っているのかはわからないけど

身体の自由がきかないって本当につらいと思う。

車いすに乗っていなかったら信号が変わるか変わらないかのうちに

渡り始めるようなせっかちなおじさんだったかもしれない。

それが今は・・・。


私が若いときと今と 感じること 思うことが違うように

おじさんも「あのときはひどいこと言うてもうたなぁ。」と

思う日が来るかもしれない。

来ないかもしれない。

それはおじさん次第。


「優しくする」 より 「優しさを受ける」難しさ。

そういうことも考える歳になりました。

| | コメント (2)

或日の大石内蔵助

さとる文庫 配信しました。

今回は青空文庫さんより 芥川龍之介作

「或日の大石内蔵助」という作品をご紹介いたします。


あの討ち入りの後日談。


ちょっと長いです。

連休間にお楽しみいただければ嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。


今回 弱点が発覚しました。

いくら読み込んでも人名が苦手~。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

「ざえもん」だの「えもん」だの「○○べえ」だのややこしい~~


今回 耳で聞くだけではわかりにくい言葉があります。

どれだけ伝わるか心配です。

でも とても勉強になりました。

| | コメント (0)

布団の中

朝 しばらくしてチップがいないのに気がついた。

今日は寒いからきっとあそこだな。


布団をめくると・・・

Sh3l0896


いた!

もう かわいいヤツ。ヾ(´ε`*)ゝ

| | コメント (0)

肩に貧乏神乗せてロトを買う

ピンチです。経済的に。

あ、いつもですね。

でもホントにピンチのとき 人というのはどうして

ギャンブルに走るのでしょうか。

一か八か・・・。


ミニロト買いました。

私の選んだ番号とクイックなんとかという 

機械がランダムに選んでくれる番号とで しめて400円。

たかが400円。されど400円。

買わなきゃ当たらないのよ。


売り場で手を合わせて拝みながら買う。

・・・・・・わけにもいかず 心の中で手を合わす。

そして 受け取った券を見る。


見た瞬間 ナニコレ?

Sh3l0894





見事に私の選んだ番号 と 

私の選んだ番号から 1 ちがいの番号が並んでる。

私の選んだ番号 全否定。

3だけ合ってるけど。

肩に貧乏神さんが乗ってる気がした そんな日。

| | コメント (2)

主人思いの小僧

新年初めのさとる文庫 配信しました。

今回は江戸の小話 「主人思いの小僧」というお話です。


今年もさとる文庫をどうぞよろしくお願いいたします。


さてみなさまはどんなお正月でしたか?

私は新年始まってから お参りのお客様がいらして

なかなか忙しかったのです。

でもまたいつもの日々がやってまいります。

がんばろー。
 

| | コメント (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »