« 現実逃避なバレンタイン | トップページ | とつぜんですが対談です。 »

再会

さとる文庫 配信しました。

今回は雫石鉄也さんのブログ「とつぜんブログ」より

「再会」という作品をご紹介いたします。


長期入院している私。

私には気の合う友人がいる。


よろしくお願いいたします。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

これから書くことは私が思ったことで 

それについていろいろな立場の方 考えの方がいらして

不快に思われることがあるかもしれません。

どうかお許しください。


私がはじめて「臓器提供意思表示カード」を持ったのは16のときでした。

そのとき友達と話をしたんです。

するとその中の一人が言いました。

「私はそんなカードを持つのは嫌だ。

だって誰かが私が死ぬのを待ってるってことでしょ。」

そんなふうに考えたことがなかったのでとてもショックでした。

そしてその反対に

もし提供される側の人が 「人が死ぬのを待っている」と感じて

そういう思いに自分を責めたとしたらどんなにつらいだろう。

自分の身に起きていない事をどんなに想像しても 

想像でしかなくて わからないんです。


私ができることは ひとつ。

話をすること。考えること。想うこと。

家族と。大切な人と。

自分の意思を伝えること。


「提供しません」でもいい。

「わからない」でもいい。

そのときだけでもいいから 真剣に考えること。

それが大切だと思います。



私が意思表示カードを持った時 母は反対したんです。

そのときは腹が立つよりガッカリしたのを覚えています。

今の私があのときに戻ったら どう言うかな。

母にどう伝えるかな。

あのときは私は母にどんなふうに言ったっけ?

偉そうなこと言ってるけど 覚えてないな。


今は相方さんと話します。

話すって大切。

そう思います。

|

« 現実逃避なバレンタイン | トップページ | とつぜんですが対談です。 »

朗読」カテゴリの記事

コメント

いろいろな考え方の人がいるのでどれが正しい。
とは言えないですよね。
私は角膜提供を考えていたので夫にも話して了解を取りましたが理解してもらうのに何度か話し合いが必要でした。

でも最近年齢相応に白内障が始まってきてると
眼科のDRに言われ
「こんな角膜でも良いのかな?」と
ちょっと考えてるところです。

投稿: harumimi | 2015年2月16日 (月) 22時03分

<harumimiさん>
そうですね。正解がないのが一番難しいです。
ウチは免許の切り替えや新しい保険証が来たときに話をしてます。

私も目が悪いから心配なんですよ。
近視に乱視に老眼・・・・(゚ー゚;
でもまぁ私は死んだあとだからお医者さんに任せようかと。

投稿: もぐら | 2015年2月17日 (火) 01時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 現実逃避なバレンタイン | トップページ | とつぜんですが対談です。 »