« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

イジける傘

さとる文庫 配信しました。

今回は雫石鉄也さんのブログ「とつぜんブログ」より

「イジける傘」という作品をご紹介いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。


大きな地震がありましたね。

被災した地域のみなさまに心よりお見舞い申し上げます。

ウチは食器が割れたぐらいで大きな被害はありませんでした。

でも怖いです。

もう一度倒壊したら もう立ち直る自信がないです。

もうどこにも大きな地震が来ませんように。

| | コメント (0)

カエルとお散歩

さとる文庫 配信しました。

今回はりんさんのブログ「りんのショートストーリー」より

「カエルとお散歩」という作品をご紹介いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。


今回のFTではカエルの話をしていますが

私が小学校の時はオタマジャクシを捕まえてきて

足が生えてカエルになるまで観察したんですが

みなさんはどうでしたか?

その時の担任の先生が生きた動植物の観察が

好きだったので蚕の繭つくりとかフナの解剖とか

けっこうやりました。

というかやらされた。

生きたままのフナの解剖なんてフナの心臓が動いていて

「うわー動いてる!」なんて声をあげましたね。

当時は嫌だったけど いまでも嫌なことはあるけど

でも子供のころにそういう生き物の不思議とか

命の鼓動なんかを見たことは忘れないです。

その生き物たちですが 先生の自腹でした。

フナと蚕は先生のポケットマネー。

オタマジャクシは池で捕ってきて毛虫は全員で校庭を探し回りましたね。

解剖したあとのフナは先生がお醤油を持ってきていて

みんなにお刺身として食べさせられたり。(T_T)

あ、卵からニワトリの雛を孵したこともこともありました。

思い出したらすごかったな あの先生。

今そんなことしたら問題になる??

| | コメント (0)

雨の日のピアノ

さとる文庫 配信しました。

今回は海野久実さんのブログ「まりん組・図書係」より 

「雨の日のピアノ」という作品をご紹介いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。


関西も梅雨入りしました。

それを見越して今月は「雨」をテーマにお送りしています。

梅雨入りしなかったらどうしようかと思ったよ (^^;)

うっとおしい梅雨が少しでも紛れれば幸いです。

| | コメント (0)

雨女

さとる文庫 配信しました。

今回はTome館長さんのブログ「Tome文芸館」より

「雨女」という作品をご紹介いたします。

よろしくお願いいたします。


6月ですね。

今年は梅雨入りが少し早いようです。

みなさん てるてる坊主の供養の仕方って知ってますか?

てるてる坊主は晴れてほしい前日に

顔を描かずにつるします。

そして晴れたら 感謝をこめて顔を描き

砂糖水をかけて 本来なら川に流すそうですが

今はきれいな布か紙につつんで捨てるそうです。

もし雨が降ったら顔を描かずそのままポイっだそうです。

なんか かわいそうかも。

せめて 「ざんねーーん」といってポイくらいは・・・

どっちでも一緒や。

| | コメント (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »