« 初詣・初デート | トップページ | 24年 »

振袖の怪

さとる文庫 配信しました。

今回は矢菱虎犇さんのブログ「とらびし秘宝館」より

 「振袖の怪」という作品をご紹介いたします。

 どうぞよろしくお願いいたします。



今回の作品は本当にあった「明暦の大火」をモチーフにしています。

そしてその明暦の大火を調べていて 現代と変わらない問題点や

あの時代だからこそできた強権的な政治判断などを感じました。

政治判断が早かったというのが、のちの混乱を早く収束させたのだ

と記述がされています。

食料の配給 備蓄米の放出 復興資材や米の価格統制

身分を問わない復興資金援助など・・・


良い結果だけを記述して残すのではなく こうしたらだめだったということを

残す方が大事な気がします。

だって どんなに「してはだめだ」っていっても人間はやってしまう。

だからこそ記録し学ぶ。

時代に合わせて考える。

何度も 何度も 何度も言う 伝える。

そう思います。

|

« 初詣・初デート | トップページ | 24年 »

朗読」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初詣・初デート | トップページ | 24年 »