« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

雨の日の水族館

さとる文庫 配信しました。

今回は海野久実さんのブログ「まりん組・図書係」より

「雨の日の水族館」という作品をご紹介いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。


とうとう?やっと?梅雨入りしました。

梅雨入りしたとたん ジメジメムシムシです。

やだ~このジメジメ苦手です。

でももう7月!いやだいやだと言ってられません。

7月は毎年恒例 ホラー特集 です!

不思議なお話 怖いお話をご紹介いたします。

楽しんでいただけるよう頑張ります。

どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

緑の雨

さとる文庫 配信しました。

今回は雫石鉄也さんのブログ「とつぜんブログ」より

「緑の雨」という作品をご紹介いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。


今回の作品中 緑の雨を粉末にして食べるというところがあります。

ここで私はミドリムシ 学名ユーグレナを思い起こしました。

ミドリムシって人にとって必要な栄養素、ミネラルが

全部含まれているのだとか。

でもミドリムシっていう名前のイメージが悪くて

なかなか売れないらしいです。

だったら日本には伝統色の和名があるんだからきれいな名を

つけたらだめなのかなぁ。

萌葱藻(もえぎそう)翡翠藻(ひすいそう)華浅葱藻(はなあさぎそう)

だめ?

| | コメント (0)

雨具たちの苦情

さとる文庫 配信しました。

今回はりんさんのブログ「りんのショートストーリー」より

「雨具たちの苦情」という作品をご紹介いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。


そろそろ全国的に梅雨入りでしょうか。

よくニュースで雨風の強い日にさしている傘が

ひっくり返ったり、破れたりしているのを見ます。

なんでみんなそうなるのがわかってて傘さすのかなぁ?

雨合羽のほうがずっといいのに。

お仕事中の人はやっぱり雨合羽は脱着がめんどくさいかぁ。

・・・と思いながら。

雨がやんだあと壊れたビニール傘がそのへんに

たくさん捨てられているのを見ると

何とも言えない気持ちになります。

| | コメント (0)

臨時配信 たね子の憂鬱 芥川龍之介

さとる文庫 臨時配信です。

ひさしぶりのはるさんとTome館長さんともぐらの共演です。

芥川龍之介作 「たね子の憂鬱」という作品です。

Tome館長さんと夫婦役でございます。きゃっ( *´艸`)

ま~難しかったです。

この奥さんいくつぐらいかな やら

あまり暗くしてはいけないかなぁ とか

いろいろと考えつつやらせていただきました。

楽しんでいただけると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

さとる文庫 「たね子の憂鬱





| | コメント (0)

雨の日は

さとる文庫 配信しました。

今回は佳(Kei)さんのブログ「ねこバナ。」より

「雨の日は」という作品をご紹介したします。


そろそろ梅雨入りなんでしょうか。

今年は雨が少なくてダムが大変なことになっているところも

あるようで、夏が心配ですね。

でもだからといってゲリラ豪雨は怖いですし。

昔の梅雨ってしとしと降る雨が二日も三日も続いて

洗濯物が困ったなーっていう感じだったような。

そして夏は決まって夕方4時ごろに夕立があって

雨宿りしていたらサーッと晴れて

空気が少しひんやりとして・・・

なんだか夢のようですが 本当にそんな感じでした。

想い出だからキレイにしちゃってる??

| | コメント (0)

雨音の拍手

さとる文庫 配信しました。

今回はTome館長さんのブログ「Tome文芸館」より

「雨音の拍手」という作品をご紹介いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。


去年はゲリラ豪雨など災害級の大雨がありました。

今年は大丈夫かな。台風も早くからきたらいやだなぁ。

と不安が募ります。

でもくるものはしかたないですね。

いざというときにしっかり対処できるよう普段から

考えておかなくちゃ。

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »